11/11に開催した月刊フーゾク経営アカデミーの感想

11月11日に新宿のレフカダさんで月間フーゾク経営アカデミーのゲスト講師として能書きをたれてきた。

そもそも何故これが開かれるようになったかというと、僕が以前1人でネットで経営セミナーにいって1万円払ってゴミのような話を聞かされた事に腹をたてて
「こんなレベルだったら明日にでも僕は出来る」
みたいな事をツイッターで呟いていたところ、それをみたモアグループの江口さんが
「じゃあやってよ」
と仰られたので
「やりますとも」

となったからである。

それを共有LINEで話してたところ、そのLINEのメンバーにいた贅沢なひと時の浅野さんが
「僕もやりたいです!!」
と参加を表明してきたので、じゃあ一緒にやりますか、となったのである。

だから月刊フーゾク経営アカデミーの宣伝の時にロボットデリヘル開発者あきの名前が浅野さんよりも前にきてたりしていたのである。
一番最初は僕一人でやる予定だったイベントだったので。

そんな感じでざっくりとスタートした企画だったもので、誰が主導権を握ってすすめるのかが全然決まっていなかったのだが、話し合いの結果、モアグループの日刊デリヘル経営さんが中心になって進む事となり、司会者も必要だという事でアキバさんに声をかけて仕切りをしていただく事となった。

僕はただ喋るだけという気楽なポジションになった。

本当は全部僕が仕切りたかったのだが、それはまた僕がやればいっかという事で自分の中で落ち着いた。

僕が仕切る前提でずっと考えていたのは、2回目にモアグループの代表の江口さんがゲストで経営セミナーをやって欲しいという事だった。

今回のイベントはその前フリとさえ思っていた。

江口さんが1人語りで今の風俗業界をどう分析するのかが聞きたかったのだ。

その1回目として僕みたいなのはちょうど良いだろうと。
ロボットデリヘルは話題性先行型の風俗である。イベントの一発目としては我ながらいいと思う。

そして、普段話を聞けないレベルの経営者を毎回ゲストに迎えて2回3回と続けていければいいなと思っていた。

というかこのイベントはそれしかないだろうと思っていた。

僕の中で2回目以降は司会は僕がやって、ゲストは経営者プラスそこの店のキャストさん。

という構造で続けたいなぁなんて事を考えていた。

僕の仕切りではなくなったのでそうはならなかったのだが。

2回目はなんか時事ネタを切るみたいな事をやろうとしていたみたいだ。
結局なくなったようだけど、僕はなくして正解だったと思う。

どっちにしろ僕は辞退させてもらってたんだけど、所謂経営者とか業界の中の人ってトークの素人なわけである。

その人達が、オリジナリティ以外の部分を喋ったとて…お金を頂けるようなクオリティには決してならなかったと思う。

人数は集まるかもしれないが人の質も下がる。

素人が喋るのであればドキュメンタリー一択だ。

今回のイベント、前売りだと2500円。当日だと3000円。
80名の方がきて頂けた。

正直…お値段以上の物が提供できたという自信がサッパリ無い。
まぁ別に一生懸命は喋ったつもりなのだが、やはり人前で喋るというのは難しいものだ。

次にこういった機会があったら、もっと説得力のある事がいえるようになっていたいと思う。

2次会での交流の価値など含めて、まぁ許して頂きたい。
僕も浅野さんもノーギャラだし、日刊デリヘル経営さんも儲けは0かマイナスくらいの話だと思う。

それにしても80名よく来て頂けたものだ。

きて頂けた方の中に普段顔を出さない大手経営者さんも何人もいた。

さっき少し人の質の話をしたが、こういった類の風俗セミナーの客層としては過去最高クラスだったのではないだろうか。

これは非常に有難い話である。

本当はこの質を維持したまま…続けたかったんだけどなぁ…

打ち合わせの時も僕は自分がイベント立ち上げなければいけないなってずっと考えていた。

僕は僕の中に理想はあるけど、それは他の人の理想とは全然違う。

だったら僕が責任をもってその理想に従い0から立ち上げるしかないのである。

とはいえなぁそんな事やる暇あるんだったらロボットデリヘル大きくする事を考えるべきだよなぁ。

まぁ…やんねぇなぁ。

という事で僕の中で落ち着いた。

こっからは申し訳ない話なのだが、80名ほどのお客さんからお金を貰って、関係者さんにも協力して頂いて、今回恐らく僕が一番得をした。

まず凄くいい経験になったという事。

あのメンバーに対して、べらべらと1人で40分間能書きを垂れたという経験をした風俗経営者は僕と浅野さんだけである。

これはいろんなところに役に立つと思う。

2つ目には、多分僕の好感度上がったんじゃね?って事。

苦手な人には苦手な話だったかもしれないが、僕が個人的にこのひとに面白かったっていってもらえればいいや、という層の方々には、お世辞かもしれないが「良かった」と言ってもらえた。

別にすぐにお金になる話でもなんでもないが、こういうのが数年後に何かのチャンスに繋がったりするわけだ。
未来への投資とでもいうのだろうか。

ツイッターやブログで言えない事をべらべら喋れたのも良かった。

僕が喋った内容なんて、文章にしたらすぐに炎上するような案件ばかりである。

でも風俗業界で現実で起きている事は全然違う。

例えばツイッター。
僕が今回好かれたいって思っていた人はやっててもフォロワーも少ない。そもそもやってない人が大半だ。
ネット上の事は所詮ネット上の事なのだ。

いちいちネット上になんて意見を書かない人。
こういった人に対して喋れたのは凄く良かった。そしてそういった人が反応してくれるという事も嬉しかった。

まぁこんなところだろうか…ブログはこんな感じでいっか。

最後に、今回協力して頂いた関係者の方々、本当に有難う御座いました。
またいつかどこかで何かしましょう!!
そして僕が何かやる時には…もしかしたら協力をお願いするかもしれないので宜しくお願い致します!!!

Twitterをキャストの女性が使うという事について

ルールを守りなさいというよりも、ルールを破らなくて済むようにするのが店の役目だ。

TwitterでDMなどがどうしてもスカウトだったり他店の店垢だったりから来てしまう為、うちも規制することにした。

規制といっても【DMを解放しない】、または【店が発行するアカウントでやってもらう】か【IDとPASSを店に報告してもらう】、といった風だ。

悪い事が起きて、いちいちそれに対して何か対処をしていくというのはとても面倒なものだ。

さっき打ち合わせで報告を受けたんだが、普通にTwitterで絡みのある有名店の方からDMで「〇〇ちゃん今度入っていいですか?」なんてきているから、もう仕方ない。

今度、イライラして暇なときに晒してみようと思う。

後は一般の人からどうしてもセクハラまがいの連絡がきてしまうし、店じゃないところで会おうよみたいなクソ連絡もきてしまう。

もっとタチが悪いのは、心配しているふりをしてDMしてくるバカである。

返信が欲しいし、嫌われたくはないから、何か不確定な情報のチクりみたいなのを入れて構ってもらおうとする輩もいる。

とはいえこういう事が起きてしまうのは、その反面メリットもあるものだから仕方なかったりはする。

馬鹿と悪人というのはどこにでも湧くものだ。

規制が緩い方が本当は一番いい結果が出るはずなのだが、どうも風俗業界という修羅の世界ではそうはいかないようだ。

全く…だからダメだっていわれちゃうんじゃないか風俗業界が。

風俗業界をダメにしているのは、紛れもなく風俗業界の人なのである。

理想論ツイートするくらいだったら、その文章自分の背中にタトゥーとしていれておけって話だ。

あっ背中だと見えないから結局守れないか…w

世の中、レベルの違う人は本当にいる

即位礼正殿の儀、素晴らしかったですね。

素人感覚からしても、ずっと見ていられる荘厳さを感じずにはいられませんでした。

そして来賓の方々の豪華な事豪華な事。

世界中の王族、大統領が勢ぞろいです。

チャールズ皇太子来るとか凄すぎます。

世の中このレベルの方々って実在するんだなぁと映像に映るたびに思います。

とってもとってもそこからのレベルは落ちるのかもしれませんが、うちのお客様の中にも「この人どのレベルの成功者だよ」って方は結構いらっしゃいます。

お金にしても権力にしても、当たり前の話なんですが、あるところにはあるんだなぁと思う次第です。

そんなとっても凄い人から、18歳で社会でたての人まで遊べるのがロボットデリヘルです。

そういった人間交差点で働けている事が何よりも幸福だったりします。

フランチャイズオーナー大募集!!日本にロボットデリヘルを広めたい!!

フランチャイズオーナー大募集!!

初めまして。
ロボットデリヘル開発者の”あき”と申します。

今回、ロボットデリヘルとしては初のフランチャイズオーナーを募集させて頂く事となりました。

正直、今の時代0の状態から風俗を立ち上げるというのは、ほぼ不可能です。

デリヘルバブルと呼ばれた時代に圧倒的な資金と組織を作ったグループと戦わなければならないなんて…象にハムスターが勝負を挑むようなものです。

ですので、こちらのフランチャイズはどちらかというと『0から風俗を立ち上げようとする方』向けではなく、『今現在風俗を経営している方』向けとなっております。

今、広告費が物凄く高くなってしまっています。

そこにお金を裂くくらいでしたら、別ブランドとして知名度抜群の『ロボットデリヘル』を経営してみませんか?

お値段はまずスタートを切ってもらいやすい金額にさせて頂きました。是非一度お問合せ下さい。

勿論、ロボットデリヘルのマニュアルなどは全てお伝え致します。
安いからといって安易に初めてロボットデリヘルのブランドイメージが低下しないように審査もさせて頂きます。

何故こんな安価でロボットデリヘルブランドを渡すのか。
それは
ロボットデリヘルを全国に広めたほうが面白そうだから!

ロボットデリヘルという新しい文化が日本中、ゆくゆくは世界中に散らばって行くのをみてみたい!
お金儲けも大切ですが、二の次です。

尚、勿論0からロボットデリヘルのフランチャイズオーナーをしたいという方も募集中です。厳しい戦いとなるとは思いますが、地方でしたら普通に立ち上げるよりは成功率は100倍アップする事でしょう。

ご興味ある方はお問い合わせ下さい。
宜しくお願い致します。

MAIL:robodeli00@gmail.com
LINE:roboderi

お金は風邪薬みたいなもん

トラブルがあったらお金でしか解決できないなってことはよくありますが、そうじゃない場合はお金でどうこうするのはあんまり良くないように思います。

やはり寂しさやコンプレックスをお金で解決した人が最終的には幸せそうに笑えてない。

新宿にずっといるとどうしても僕はそう思います。
そして、ある程度夜の業界に長くいたりする人は大抵同じ様に思っているのではないでしょうか。

お金で解決しようとする事の何が悪いのか。

それは『解決している様で何も解決してないから』です。

トラブルは解決しているという決め事だけあればいい。仕事もそうですね。なるべくスムーズに事が進むに越したことはありません。
だからお金というのがそういった事には相性がいい。

しかし自己の成長だったりする部分に関しては違います。
しっかりと向き合う必要がある。

お金で解決をするというのは風邪の時に風邪薬を飲むようなものです。確かに風邪薬は必要です。しかしながら特効薬ではありません。

熱が下がっているうちに風邪に効果がありそうな事を色々やって治さなくては意味がありません。
お金も突っ込んで一時的に楽になっている間に根本的な部分とちゃんと向き合わないと何の解決にもなりません。

風俗業界には男も女もお金で何かを治そうとしている人がたくさんいます。

お金は所詮一時的なものです。風邪薬です。

風邪薬がきいているうちにちゃんと問題と向き合いましょう。

薬っていうのはずっと飲み続けていると効かなくなります。

お金っていうのは、効かなくなったらタチが悪いです。

生活していく上で絶対に必要なものですから。

それに大体お金っていう薬が効かなくなったときに、皆お金を失います。

お金はそれに気付かない馬鹿は嫌いなようです。

風俗に関わる人のほとんどが『お金』の為に働いている事でしょう。
普通の仕事よりも『お金』がモチベーションで働いている人の率が高い仕事といって間違いないと思います。

だからこそお金に依存しやすい仕事でもあります。

どうしてもお金を肯定したくなるんです。

そういう人沢山いますよね。

お金アピールをする人は大抵お金に苦しんでいるものです。根性が貧乏人のまんまなんですから。

お金とうまく付き合いましょう。

お金に殺されたら本末転倒ですから。

ロボットデリヘルはSMクラブとして認知されたい

「もはやSMではない」「SMを超えたSM」というコピーでロボットデリヘルはオープンしました。

僕の中でロボットデリヘルはSMではありません。というか風俗においてSMは出来ないと思っているからそういう打ち出し方にしなかったのです。

SMというのは愛がないといけません。

風俗というものの性質上それはどうしても成立しにくい。勿論そこまで到達できる方々もたくさんいらっしゃいますが、それを前面に打ち出せるほどおこがましい人間になりたくなかったという所でしょうか。

でもまぁ商売としてSMのワードは欲しかったのでコピーでその価値観を出しながら単語は使うという卑怯な手に出たわけです。

「SMを超えたSM」なんてSMってワードが2つ入ってますからね。全く欲張りです。

ちなみに「もはやSMではない」というのは「もはや戦後ではない」というコピーのパクリです。一つも気付かれませんでした。

“ロボットデリヘルはSMクラブとして認知されたい” の続きを読む

台風で店を休みにしやすくなった風俗業界

ロボットデリヘルは10月12日は台風の影響で臨時休業とさせて頂きます。

予約して頂いていたお客様をはじめ関係者様に御迷惑をおかけする事になりますがご容赦下さい。

さて、台風19号がどんどん近づいてきています。

きてみないとなんとも言えないですが、何やら今までのものとはちょっとレベルが違うヤバい台風なようです。

台風15号が千葉に残した傷跡の記憶も新しいので、世の中は普段以上に敏感に台風の驚異を感じている様です。

以前の日本は【雨が降ろうが風が吹こうが店をあける】という美徳がありました。

その美徳に引っ張られて、風俗業界なんてヤクザな商売の人たちは、ちょっとした事では店なんて閉めなかった様に感じてます。

そこにお客さんと稼ぎたい女の子がいる限りどんな状況でも店を開けるべきである。という正義がまかりとおっていた訳です。

しかし今は違います。

「こんな台風がきているのに、お店を開けてるなんてなんて酷い店だ!どうせ女の子もゾンザイに扱うダメな店に決まっている!たたけたたけたたけーーーい!!」

という素晴らしい活動をなさっている方々のお陰でしょう。
風俗業界もお店を休みやすくなりました。

今回の台風ほど、風俗業界が空気をよんだことはないんじゃないでしょうか?
風俗の歴史始まって以来の出来事なんじゃないかくらい、【見込み】で店が休んでます。

こういう現象が起きると、SNSで正論ぶっこき人間も捨てたもんじゃないなと思いますね。

やらない善よりやる偽善とはよくいったもので、SNSでの偽善活動が本当に素晴らしい結果に繋がった訳です。

個人的には台風ヤバそうだから今回は本当に店を休みにしたかったんです。
台風でスタッフが怪我をしたりトラブルに巻き込まれる可能性を考えたら、絶対休みにしたほうがいいですから。

ただ業界の他の店がやってたら…なんかうちだけ休みみたいなの嫌だなぁと思っていたのも正直事実です。

だから他の店が休みになってくれて、心置きなくウチも休みにしやすくなったというものです。

空気が休みの方に向いてくれた。

まぁなんやかんやいいましたが、台風本当に大した事ないといいんですけどね。

皆さん気をつけて生活しましょう。

ふっとばされそうなものは危ないから家の中に入れておきましょうね!

また性懲りもなくブログをはじめました。

久しぶりにこっちのブログを更新

非常に久しぶりである。

一時期、毎日更新していたこのブログ。

もともと、昔のオンナ店長に

「ブログなんて毎日書くの何の苦でもないんだから、そういうできる事からやっていかないとダメだ!俺もやるから一緒にやるぞ!!」

っていう理由で始めたのがこのブログだった。

“また性懲りもなくブログをはじめました。” の続きを読む

自分が悪くない時こそ謝ろう

日本人は「すみません」「申し訳ないです」みたいな言葉が大好きです。

自分が謝るのも好きですし、謝られるのも好きです。

 

日本人たるもの、そんなに悪くなくてもすぐに謝るのがスタンダードなスタイルです。

 

風俗嬢って仕事は、謙虚な女性の方が好まれる傾向にあります。

お金を払ってる側のお客さまとしては、やっぱり潜在的には偉そうにしたいという願望がある人が多いです。

ただ偉そうにすると相手に嫌われるかもしれないですし、そもそも偉そうなキャラクターが自分の中にないからやりたいけどできなかったりします。

そんな時に女の子側から勝手にへりくだってもらえると凄く助かる訳です。

“自分が悪くない時こそ謝ろう” の続きを読む

今年もお世話になりました

もう大晦日です。

職場のPCで普段つけないTVをつけて紅白の前番組をみながらこの文章を書いております。

 

本当に今年は色々な事がありました。

まさかこの年齢になってこんなにも人間関係とかでモメるとも思いませんでした笑

 

来年はロボットデリヘルとしても個人としてもやるべき事が明確にありますので、それを一つ一つクリアしていく事になると思います。

 

ここ数年ダラダラしすぎました。

 

来年が飛躍の年になるよう頑張ります。

 

紅白での竹原ピストルが楽しみです。

頑張るってステキやん。