どう人と向き合わないか

人とちゃんと向き合うって言うのは簡単ですが、中々しんどい行為です。

人生で果たして何人の人と真剣に向き合っていく事が出来るんでしょうか。

真剣という言葉をどこまで真面目に受け止めるかという問題かという事もあります。
例えば昨日会った人の事と簡単に親友呼ばわり出来る人も世の中には沢山いますが、それと同じようなものでいいのであれば人とちゃんと向き合ってやっていけるのかもしれません。

ただ、僕は少なくともそういう嘘はつけないし、そもそも嘘だと思ってしまっているのでそのラインで頑張ってもあまり意味がない行為だと感じています。


自分に嘘がないようにしながら、風俗経営という仕事柄どうしても多くのヘビーな方々と密なお付き合いをしていかなければならない。

僕はどう人と向き合うかじゃなくて、どう人と向き合わないかという事を考えるようにしました。

経営する人ってどっかネジが飛んでいる人が多いです。
僕って正直そのネジがあんまり飛んでないんですよね。飛んでる風にしてるだけで。

僕みたいな人って世の中多いと思うんです。
皆、偽物です。
本物ってごくごくわずかです。

僕みたいな偽物が出会う人と本当にちゃんと向き合って風俗経営なんてしていたら、死んじゃいますよ。色んな意味で。

仕事って生活の為にする行為です。
いってしまえば皆少なからず命をかけてしなければいけない事。それが仕事だと思ってます。

お金がなかったら飢え死にしますから。

そういう意味で仕事を経営するっていうのは人の命を預かる事だと考えています。

僕にとってはそれだけで十二分に重たい。

そこから付随する相手の価値観にまで向き合ってたらメインの仕事に悪影響を及ぼします。。
そういうのはまた僕以外の人がその人の為にいるはずなのでその人がやればいい。

僕がやらなければいけないのは店をまわす事。

それだけです。

人と向き合っている素敵な経営者は、よく言ったら天才。悪くいったらイタいやつです。
人と向き合っても仕事が成立してもないのに、素敵な言葉をいう人は嘘つきです。仮にその言葉がその人が心から言ってたとしても嘘。
その人の人生そのものが嘘なんですから。

僕なんかはまぎれもない後者です。

完全なる嘘つきです。
僕は仕事の上で矛盾が起きたりする事はしませんが、信念みたいな部分に対しては我ながら嘘ついて生きているなと。

僕の言い訳として、でも嘘つきだっていってるやつの方がまだ誠実じゃないかと。
嘘つきだって自己紹介さえ出来ない人間の方が汚いじゃないかと。

人と向き合ってるふりをする人間よりは、人と向き合えないって謙虚だか卑屈なんだかわからないけど、そんな人間の方がまだましだと思うんですよね。

 

そういう部分はスタンスを決めておかないと、どっかで潰れちゃうんですよね。

スタンスが決まってない人間は、ほざいて終わるか、すぐ消えますから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です